ラン

記事一覧(2)

5大シャトーとは?値段や価格、特徴、セカンド

赤ワインや白ワイン好きの方なら一度は耳にしたことがあるであろう「5大シャトー」という言葉。実は何のことだかわからないけど、いまさら聞けない…というあなたのために、5大シャトーについてご紹介します。5大シャトーの前に、まずは「ボルドーワインの格付け」について理解する必要があります。ちなみに、ボルドーとはフランスの南西部にある、世界で最も有名なワイン生産地のひとつです。1855年のパリ万博の際に、当時から評価の高かったボルドー北部のメドック地方で生産されているワインを世界の人々に紹介するため、ナポレオン三世が作成するように命じたのがこの格付け。メドック地方の名だたるシャトーが、第一級から第五級までにクラス分けされています。1855年に制定されたこの格付けは2018年の現在まで変更されていないため、たとえば「第五級のシャトーだが実際には第二級のレベルに値する」といった評価をすることがあります。(正確には、シャトー・ムートン・ロートシルトが1073年に第二級から第一級に格上げされましたが、裏で政治や金の動きがあったと現地ではまことしやかにささやかれています)1855年の格付けは世界中で常に議論を呼んでいる話題でもあるので、覚えておくとよいかもしれませんね。5大シャトーとはさて、今回のテーマである5大シャトーとは、この格付けの中で第一級に格付けされている5つのシャトーのことを指すのです。ちなみにセカンドラベルとは、そのシャトーで作られたぶどう・ワインでファーストラベル(そのシャトーの顔)にならなかったものを指します。若いぶどうなどですが、その分手に取りやすい価格帯のワインとなっています。シャトー・ラフィット・ロートシルト:AOCポイヤックセカンド:カリュアド・ラフィット・ロートシルト

リーデル社のワイングラスがなぜ選ばれるのか?【ワイングラス 種類】ブランド 通販可能

ワインが好きな方なら一度は聞いたことがある「リーデル」。言わずと知れたオーストリアの名門ワイングラスメーカー「リーデル社」ですが、本日はプロフェッショナルからも選ばれるその理由をお話しましょう。260年以上の歴史をもつリーデル社は、世界で初めてブドウの品種によって異なる形状のワイングラスを研究開発し、今なお新たな提案を続けているメーカーです。こだわりたいワイングラス 種類と内容品種ごとに異なる形状(ワイングラスの種類、形)とはどういうことなのかワイングラスのボウル部分(液体が入る部分)を見てみましょう。1.形(丸いのか細長いのか)2.サイズ(大きいのか小ぶりなのか)3.口径(上に向かってすぼまっているのか、広がっているのか)これだけみても、選択肢がいろいろあったことに気付かされますね。この3つの要素が複雑に絡み合い、香りがより華やかになるのか、どの香りをより強く感じるのか、口の中でより凝縮感を感じるのか、酸味を感じるのか、ふくらみを感じるのか…など、様々な結果が生まれるのです。グラスにこだわりの無い方はもしかすると「グラスの形が違うだけで本当に味が変わるの?」と疑問に思うかもしれませんし、「ワインごとにいちいちグラスを変えるなんて面倒くさい」と思っている方もいるかもしれませんね。でも、断言します。グラスで香りと味は変わります。リーデル (RIEDEL) ヴィノム ピノ・ノワール(ブルゴーニュ) 700ml 2個セット 6416/7筆者は以前、とてもよく出来た北ローヌ地方のシラーを試飲した際、ピノ・ノワール用の丸みを帯びたグラスと、シラー用の縦長のグラスで味わいの比較をしたことがあります。結果は見事、同じワインなのに全く違う味わいになりました。