美味しいサングリアの作り方!残った赤ワイン、白ワインを再利用!サングリアの意味とは?

赤ワインや白ワインは好きだけれど、「飲み過ぎると弱ってしまう」とか。「カクテルベースだったら飲めるのに」など。またホームパーティやイベントで飲み残しがある赤ワインの処理法どうしようかな?そんな方に人気でオススメなのが「サングリア」です。


カクテルワインならこちらも見てみてください。

赤ワイン カクテルの作り方!名前やレシピを覚えておこう



サングリア」はフレーバードワインと呼ばれる、ハーブやスパイスを利用した作られたカクテルベースのワインです。度数は7%程で、元々の意味としては、スペインの「sangría」から来ており、イタリアではヴェルモット、フランスではキール、そしてスペインではサングリアが代表的なフレーバードワインとして有名です。



さて、そんな「サングリア」ですがお店で提供するところも増えてきましたよね。ワインの濃度に果物、フルーツの爽やかな味わいが合わさって、とても飲みやすいです。


自宅でも作れるので、残ったワインから、簡単にできる美味しいサングリアの作り方を紹介します。


残ったワインを再利用

ラ・サングリア ボデガス・アルスピーデ 750ml 

サングリア」ですが、自宅で作るのも簡単です。グレープフルーツやオレンジジュース、イチゴや好みに合わせてライムといったものをスライスしてグラスに入れます。


そこに残った赤ワインや白ワインを注ぐだけ。香り付けとしてシナモンやミント、シロップを少量足すとより味わい深くできます。


また、アルコールがあまり得意ではない方には、市販されているグレープフルーツジュースやオレンジジュース、リンゴジュースなどで割ってあげると、飲みやすくなるのでぜひお試しを♪

ただし、漬けるという行為を行うと自宅であっても「酒税法」に抵触する恐れがあるので、注意してください。

【自家醸造】国税庁

0コメント

  • 1000 / 1000