【ワイン 頼み方】赤ワインや白ワインをソムリエへ ワイン 頼み方を覚えておこう!頼む時の秘訣とマナー

ソムリエ……レストランでワインを選ぶ際の手助けをしてくれるプロフェッショナルなワイン専門の給仕人と言われています。最近では野菜ソムリエなどワイン以外の職人さんに対しても使うことがあるため、こちらでは「ワインソムリエ」とします。



ワインに精通しているスペシャリストですが、フランスやイタリアでは国家資格がありますが日本では民間資格のみ。しかも資格取得まで知識以外にも経験年数が必要になるため難関。とはいえ医師免許のようにないと仕事ができないわけではありません。


「ワインソムリエ」は、レストランやバー、ホテルなどが職場となり、お客様へのコーディネート以外にもワインリストの作成やワインの購入、管理から収支計算まで幅広いスキルが必要になってきます。


また資格を持っているだけでなく、コンテストコンクールでの参加、受賞といった自己研磨も必要なため、「ワインのスペシャリスト」というのは、表面だけでなく「ワインが好き」でないと続けられない職業でもあります。


※職業にしないワインエキスパートなどもあります。そちらについては改めて。


楽天はこちら

Amazonはこちら


ワイン 頼み方 とは?

赤ワインや白ワインの頼み方 マナーや秘訣

オーダーする時の注意とは?

さて、長くなりましたがそんな「ワインソムリエ」へ赤ワインや白ワインの頼み方やマナー、秘訣をご紹介したいと思います。


まず「ワインソムリエ」がいるレストランでは、ワインのオーダー時にソムリエが説明に来てくれます。念のためウェイターやウェイトレスに注文する際に「ソムリエに話を聞いてみたい」と伝えておくとより安心です。


食事のオーダー後「ワインソムリエ」がワインリストを持ってテーブルに来てくれます。リストがすでにテーブルに置いてある場合は目を通しておきましょう。


説明を受ける前にひとこと。「ワインの初心者」か「ワインに詳しい」か、をまず伝えておくと「ワインソムリエ」の説明の仕方が変わってきます。


「ワインの初心者」と伝えることは恥ずかしいことではありませんし、ワインがただ好きというレベルでも「ワインに詳しい」と言っても間違いではないです。


つまり、その人の好みとその時食事内容に一番適したワインをレコメンドしてくれるわけです。


ワインに詳しくない場合であれば、食事によりマッチしたワインを、ワインへの好み(甘口、辛口とか)がある方はその好みに則ってワインをおすすめしてくれます。


辛口が苦手な方に、わざわざ辛口をおすすめしてくる「ワインソムリエ」の方は、まあいないでしょう(笑)(いるかもしれませんが)。


あとは、会話のキャッチボールで決めてみてください。その時に合ったベター(ベストではない)なワインを選んでくれるはずです。


ワインが決まると、テイスティングと呼ばれる、味見をさせてくれます。とはいえ、自分の好みに合うか合わないかではなく、「ワインに問題がないかどうかの確認」です。


コルクが劣化し空気が入っていた、不純物が混入していた、あまりありませんがコルク片が入っていた、など違和感をチェックするものです。逆に違和感があれば軽く聞いてみるのも良いでしょう。


例えば上記の会話のキャッチボールで「フルーティな甘口をお願いします」と頼んだのに、テイスティングでは「渋くて苦味がある」となると、ワイン自体に問題がある可能性があります。


逆に問題がない場合は、「問題ありません」とか「結構です」、「こちらでお願いします」と一言伝えればOKです。


そして本格的にワインが運ばれてきます。「ワインソムリエ」がワインをグラスに注いでくれますが、ワイングラスに手を添えなくて大丈夫です。


ビールや日本酒のお猪口(こちらもケースバイケースですが)のように手で添えたくなりますが、基本は注ぎ終わるまで傍観していればOKです。


理由は色々あるのですが、ワイングラスは脚の部分が弱いため、手を支えるだけで軽振動が起き、ワインをこぼしてしまう恐れがあるからです。こぼすとテーブルや料理へ影響を及ぼしますし、あなたの服袖にかかる恐れがあります。


レストランなどほかのお客様がいる場合にはハプニングの元となるため、添えないほうが良いでしょう。もちろん家飲みやホームパーティ、カジュアルな場面なら支えても大丈夫です。



ワインを注いでもらったらあとは飲むだけ。最後に注意!乾杯時にはグラスとグラスを合わせないのがマナーです。上記の通りワイングラスは繊細なため割れたり欠けたりする恐れがあります。胸の上に上げて「乾杯」などと声を掛け合う程度にしておきましょう。



ちょっと難しいと思いがちなワインのマナー。厳かなレストランだとつい背筋が伸びてしまいますが、食事とワインを楽しんでもらうことが、レストランや「ワインソムリエ」の至福です。美味しく楽しみましょう。


そして、ちょっとした秘訣ですが、何度か訪れるレストランやバーであればチップを渡したり、何よりどこかに出かけた際に手土産として「ワイン」をプレゼントしてあげると、ソムリエは喜びます。なんていったってワインを愛する「ワインソムリエ」ですから。



楽天はこちら

Amazonはこちら

0コメント

  • 1000 / 1000