安くて美味しいワインとは?まだ飲める!ボジョレーヌーボー2017

毎年、11月の第三木曜日になると行われる「ボジョレーヌーボー(ヌーヴォー)」。


ボジョレー地域の新しいワイン、特産品のワインとして出来栄えを確認をする業者向けのイベントが源流だと言われています。


一般解禁され、「新しいブドウワインの出来栄えを楽しむ」という本筋からなぜか日本ではブーム、イベント化され今日に繋がっています。


イベント自体の良し悪しについては別途考える必要がありますが、普段ワインを飲まない人も、この機会に飲むなど楽しむ面を考えるとアリだと思います。


さて、前置きが長くなりましたが2017年11月16日解禁された、「ボジョレーヌーボー」を飲みましたか?


2017は「豊満で朗らか、絹のようにしなやか。しかもフレッシュで輝かしい」でした。


過去のキャッチコピー

2017は「豊満で朗らか、絹のようにしなやか。しかもフレッシュで輝かしい」

2000年 出来は上々で申し分の無い仕上がり

2001年 ここ10年で最高

2002年 過去10年で最高と言われた2001年を上回る出来栄え

2003年 100年に一度の出来

2004年 香りが良くなかなかの出来栄え

2005年 ここ数年で最高

2006年 昨年同様良い出来栄え

2007年 柔らかく果実味が豊かで上質な味わい

2008年 豊かな果実味と程良い酸味が調和した味

2009年 50年に一度の出来栄え

2010年 1950年以降最高の出来と言われた2009年と同等の出来

2011年 近年の当たり年である2009年に匹敵する出来

2012年 史上最悪の不作だが品質は良く健全。糖度と酸度のバランスが良く軽やか

2013年 ブドウの収穫量は少ないが、みずみずしさが感じられる素晴らしい品質

2014年 近年の当たり年である2009年と肩を並べるクオリティ

2015年 我がワイン人生最良のヌーヴォー

2016年  エレガントで酸味と果実味のバランスがとれた上品な味わい

2017年 豊満で朗らか、絹のようにしなやか。しかもフレッシュで輝かしい


となっています。


さて、11月16日の0時にすぐに飲んだ方もいれば、週末に楽しんだ方などもいらっしゃるはず。解禁日から1ヶ月近くたちましたが、まだ飲んでもいいのです!早速ご紹介いたします。


安くて美味しいワイン!ボジョレーヌーボーを紹介

ジョルジュ デュブッフ ボジョレー ヌーボー2017

「ボジョレーヌーヴォーリヨン杯2017」にて金賞を受賞

●「ジョルジュ デュブッフ ボジョレー ヌーボー2017

「ボジョレーヌーヴォーリヨン杯2017」にて金賞を受賞した逸品。爽やかでフルーティ、生まれたての赤ん坊みたな口当たり。あっさりと飲めますが口の中で戯れてから喉を通すのをおすすめします。





ジョルジュ デュブッフ ボジョレー・ヴィラージュ ヌーボー 2017

しっかりとした飲食を楽しめる!

続いて「ジョルジュ デュブッフ ボジョレー・ヴィラージュ ヌーボー 2017」。

ヴィラージュ・ヌーボーの方が「ジョルジュ デュブッフ ボジョレー ヌーボー2017」よりしっかりとした味わいとなっています。夕食・ディナーと一緒に飲むなら、「ジョルジュ デュブッフ ボジョレー・ヴィラージュ ヌーボー 2017」の方がしっかりとした飲食を楽しめそうです。





ジョルジュ デュブッフ ボジョレー・ヴィラージュ ヌーボー セレクション プリュス 2017

洗練された味わいが特徴のボジョレーヌーボー

●「ジョルジュ デュブッフ ボジョレー・ヴィラージュ ヌーボー セレクション プリュス 2017

より洗練された味わい。ボジョレーヌーボーの中でもより一歩進んだ味わいを選びたい方におすすめ。レストランによっては置いていないところもあるかもしれないので、来店前に確認しておくと良いでしょう。


Amazonの評価も上記2つにくらべて好評ですね。

ジョルジュ デュブッフ マコン・ヴィラージュ ヌーボー 2017 

フルーティーで爽やかなブドウ品種シャルドネを使った白ワイン

白ワインなら「ジョルジュ デュブッフ マコン・ヴィラージュ ヌーボー 2017 」。

甘くてフルーティなイメージがあるシャルドネですが、本品は口当たりは爽やかでありながら辛口となっています。甘い白ワインが苦手、という方に特におすすめです。





ジョルジュ デュブッフ ボジョレー ロゼ ヌーボー ボジョレー パーティ 2017

インスタグラムで撮る!インスタ映えするロゼワイン

●「ジョルジュ デュブッフ ボジョレー ロゼ ヌーボー ボジョレー パーティ 2017

ロゼなら、「インスタ映え」するパッケージが魅力の本品がおすすめ。特に女性への贈り物やホームパーティへ持参すると喜ばれそうです。





ジョルジュ デュブッフ ボジョレー ヌーボー フロマージュ グルメ 2017

黄色のボトルラベルのパッケージが魅力的な赤ワイン

他にも、黄色のパッケージが魅力的な赤ワイン「ジョルジュ デュブッフ ボジョレー ヌーボー フロマージュ グルメ 2017 」もおすすめ。柔らかい味わいはチーズ系料理とマリアージュ(マッチ)するので、軽めに飲みたい方はこちらはいかがでしょう?黄色のパッケージも稀有でSNSで紹介しやすいですね(笑)


いかがでしたでしょうか。単発で飲んでも楽しめますが、毎年「ボジョレーヌーボー」を飲むことで違いがわかり、より深く愛でることができます。


2017年も残りわずか。年内にもう一度味わいませんか?




0コメント

  • 1000 / 1000