ワインの品種とは?違いは?

ワインを飲むうえで欠かせないのが「品種」です。ワインはブドウから作られているのはご存知だと思いますが、そもそもワインは新世界(後発で作られた国や産地)、旧世界(フランスやイタリアなど先発で作られていた国や産地)という大きな分かれ方から始まり、産地そしてブドウの品種と細かく分類されています。


すべてを網羅するのは難しいですが、簡単にですが一覧にして紹介したいと思います。


赤ワインのブドウ品種


・ピノ・ノワール

日本人が好きなワインは「ピノ・ノワール」というぶどうの品種から作られていることが多いです。フランスのブルゴーニュ地方で主に作られています。


・カベルネ・ソーヴィニヨン

フランスのボルドーで主に作られています。「ピノ・ノワール」に比べるとタンニンが重厚で初心者よりもワイン好き中級者・上級者が多いのが印象です。


タンニンついてはこちらをご参考に

タンニンとは?ワインに含まれるポリフェノールの効果


・メルロー

こちらもフランスのボルドーで主に作られています。「カベルネ・ソーヴィニヨン」に比べると飲みやすさがあると思います。ワイン好きの方が初心者から上級者まで揃っている場合に選ぶと良いと思います。


・サンジョヴェーゼ

イタリアの広い地域で栽培されている品種です。「キャンティ ワイン」が作られています。


白ワインのブドウの品種


・シャルドネ

名前を聞いたことがある方も多いはず。フランスのブルゴーニュ地域で主に作られており、シャンパン(シャンパーニュ)の原料としても有名ですね。


・ソーヴィニヨン・ブラン

フランスのボルドーで主に作られている品種です。ロワール地域でも有名で、ブラン・フュメという名前の方が浸透しています。さらにニュージランド(新世界)でも活躍している品種です。


・リースリング

ドイツワインの品種といえば「リースリング」でしょう。甘口から辛口まで作られており、ワイン愛好家には特によく選ばれている品種・ワインとなります。


・甲州

日本のワインも負けていません。山梨県を中心に作られているブドウの品種。ワインだけでなく生食用として、口にされたことのある方も多いはず。


まとめ


今回赤ワインの品種を4つ、白ワインの品種を4つの合計8品種を紹介しました。ほかにも沢山の品種があるので、引き続きご紹介しますね。旅行の際にワインの産地に出かけてみると、出来上がりまでの過程が垣間見えて、これまで以上にワインを好きになると思います!



WINE TOWN (ワインタウン)'s Ownd

あなたの街に寄り添うワインを紹介します。 ワインが好きな方、興味のある方、プレゼントで贈り物をしたい方。 特別な1本を見つけてみませんか?

0コメント

  • 1000 / 1000