赤ワイン おすすめ 安い フルボディ!ミディアムボディ ライトボディ 意味とは?

赤ワインや白ワインを注文する時に「フルボディ」というワイン用語を耳にした方もいるはず。「フルボディ」とはいったいなんでしょうか。また「ミディアムボディ」や「ライトボディ」とは?違いやその意味とポイント、そして美味しいおすすめのしかも安い、人気ワインを「フルボディ」「ミディアムボディ」「ライトボディ」それぞれ紹介します。


格安で美味しいワインをお探しならこちらもご参考ください♪

格安ワインおすすめ!安くて美味しい1,000円以内で購入できる赤ワインや白ワイン

赤ワイン おすすめ !プレゼントや花見のお酒や贈り物にもなる人気の2,000円ワイン




フルボディ ミディアムボディ ライトボディとは ?

料理との相性を考えてワインを選んでみる

ワイン初心者の方はボディという言葉からワインの大きさをイメージするかと思いますが、実は「ワインの味の重さ」と捉えておくと良いでしょう。「フルボディワイン」とは重くて濃厚な果実味や香りが特徴。「ライトボディワイン」とは逆に軽めでサラッとした味わい。「ミディアムボディワイン」とは中間の味です。



よく料理の注文の際に「濃厚なデミグラスソースを使った肉料理のためフルボディの赤ワインが合います」とか「フレッシュ野菜とあっさり目の魚料理なのでライトボディだとお召し上がりやすいです」とか「ミディアムボディには、白っぽい身のお肉(つまり軽いお肉=鶏肉、豚肉の脂が少ない部分)だと料理とワインのバランスが合います」などワイン通ならソムリエの言葉を耳にしたこともあると思います(「しっかりとした味」とか「軽やかな味わい」といった言い回しでも耳にしますね)。


ソムリエについてはこちらを見てみてください♪

ソムリエへの頼み方!頼む時の秘訣とマナー


もし自分で選ぶ際によくわからない場合は「ミディアムボディ」を選んでおくのをおすすめ。というのもワインの重さや渋さは料理と相性によってもマリアージュ(料理×ワイン)が異なるため、判断に迷ったら中間の「ミディアムボディワイン」を選んでおくとバランスが良さそう。もちろん好みに応じて変わるので「重めが好き」とか「軽めに飲みたい」などあれば、調整してみると良いですね。ちなみに赤ワインだけでなく白ワインも該当します。


では、このワインの重さや渋さ(フルボディやライトボディ)などはどの部分が影響しているか。これは単直に言うと「タンニン」がキーワードです。赤ワインそして白ワインに含まれるタンニンがワイン自体の重さや軽さ、渋さに関係しています。


タンニンとは一般的に耳にする「ポリフェノール」。成分のひとつです。ワインは各ブドウ品種から造られるのですが、ブドウを収穫し、圧搾(または発酵)させ、樽熟成させ寝かせています。この過程で果皮や種子に含まれるタンニンが抽出されます。ちなみにタンニンは酸化を防ぐ効果があるため、樽熟成の段階での酸化防止の重要な役割を持つ成分なのです。すごいですよねー。


話が逸れましたので、タンニンについては以下をご覧ください♪

赤ワインのポリフェノール、ワインのタンニンとは?赤ワインや白ワインに含まれるポリフェノールの効果や飲み過ぎ注意




フルボトル ハーフボトル マグナム ダブルマグナムとは ?

ワインの容量にも注目!

似たような言葉に「フルボトル」や「ハーフボトル」といった言葉があります。こちらの意味は単純にボトルのサイズ、ワイン容量の話なので味やコク、アルコール度数とは関係ないのでご注意ください。各サイズはこちら:フルボトル750ml、ハーフボトル325ml、マグナム1500ml、ダブルマグナム3000ml。



ではここで、おすすめのフルボディ、ミディアムボディ、ライトボディのワインを紹介します。3種ネット通販購入して味比べをしてみてください♪


おすすめの赤ワインのフルボディワイン

名作漫画「神の雫」で紹介されたファルネーゼの赤ワイン

●「カサーレ・ヴェッキオ モンテプルチャーノ・ダブルッツォ 750ml [イタリア/赤ワイン/辛口/フルボディ/1本]

イタリアのフルボディ、辛口赤ワインです。文字通り濃厚で渋みのある味わいが特徴。しかしアルコール度数12.5%なので比較的どなたでも楽しめるでしょう。本ワインは「神の雫」でも紹介されたファルネーゼ最強の赤ワインです!


神の雫のワインはこちらをご参照ください♪

「神の雫」に登場するワインを飲んでみたい!名作漫画


イタリアワインについてはこちらをご覧ください!

イタリアワインおすすめ!赤ワインや白ワインの特徴や有名なワインとは?



赤ワインのミディアムボディワインおすすめ

減農薬農法のブドウが使われたフランスワイン

●「ペイ・ドック カベルネ・ソーヴィニヨン 750ml [フランス/赤ワイン/辛口/ミディアムボディ/1本]

辛口ですが、フランス産のミディアムボディワイン。減農薬農法のぶどうが使われており、ほどよい濃縮感とブドウの果実味が特徴。安い価格も魅力。アルコール度数は13%とやや高めですが、飲み残した場合には料理用としてハンバーグや肉料理で使ってみるのも良いかも。



おすすめの赤ワインのライトボディワイン

国産100%のぶどうを使ったサントリーの名物ワイン

●「日本ワイン ジャパンプレミアム マスカット・ベーリーA [日本/赤ワイン/辛口/ライトボディ/1本]

日本産のライトボディワインを紹介。山梨県と長野県のぶどうを使った国産ぶどう100%でサントリーが作っています。2015年日本ワインコンクール「国内改良品種」部門で銅賞を獲得。辛口ですが味わいは軽やかで果実味が口に広がり飲みやすいのが特徴。アルコール度数も11%と比較的低めです。

バニラの香りが特徴の甘口のライトボディワイン

●「バック・エクストリシモ セミドゥルセ(赤) [甘口] 750ml [スペイン/赤ワイン/甘口/ライトボディ/1本]

赤ワインのライトボディで甘口をお探しの方にこちらはいかがでしょうか。バニラの香りが人気の理由で、ブドウの果実味が口の中に広がります。アルコール度数12%でブドウジュースのような甘口感もあるため、ワインやアルコールが苦手な方にもおすすめ。マーケットの評価も高いです。




フルボディ、ミディアムボディ、ライトボディの意味や違い、理解できましたか?ワイン選びの際に品種や産地ではなくボディで飲み比べてみるのも楽しいです。お試しください。


品種についてはこちらを見てみてください

ワインの品種とは?違いは?



プレゼントや贈り物に赤ワインフルボディのワインギフトセット「男性が喜ぶ金賞フルボディワインギフトセット 750mlx2本」もおすすめですよ♪

0コメント

  • 1000 / 1000