赤ワインや白ワインのカクテルはサングリアやキティ?白ワインにカルピスやシャンパンにオレンジジュースを使うと飲みやすい

赤ワインや白ワインをベースにしたワインカクテルが飲みやすくて女性はもちろん、男性にも人気です。特にサングリアやキール、炭酸を使ったキティやオペレーターは定番カクテルですが、カルピスやオレンジジュースを使った手軽なレシピもおすすめです。


カクテルワインについてはこちらを見てください

赤ワイン カクテルの作り方!名前やレシピを覚えておこう

美味しいサングリアの作り方!残った赤ワイン、白ワインを再利用!サングリアの意味とは?



赤ワインとカルピス

体に優しい気分になれる、ロマンティック・ハーモニー

赤ワインにカルピスを入れると、「ロマンティック・ハーモニー」というカクテルになります。ポイントはカルピスの乳酸菌、ワインのポリフェノールが配合され体に優しい気分になれます。飲み口は爽やかで飲みやすいので、特に夏に重宝するかも。


シャンパンとオレンジジュース

泡のシュワシュワ感が堪らない!ミモザ カクテル

シャンパンにオレンジジュースをかけ合わせると「ミモザ」というカクテルになります。泡のシュワシュワ感とオレンジジュースのフルーティさが相まって、とても美味しいです。アクセントでさくらんぼを乗せればオシャレさが増しますよ。


赤ワインとジンジャーエール

手軽で美味しいワインカクテル キティ

ワインカクテルといえば「キティ」も有名ですよね。赤ワインにジンジャーエールを足すだけ。ちょっとワイン単体で飲み過ぎたと感じたならジンジャーエールを別オーダーして混ぜてみましょう。弾ける爽やかさで気分もリフレッシュ♪ちなみにベースを白ワインにすると「オペレーター」というカクテルになります。


赤ワインとカシス・リキュール

定番のカーディナル カクテル

赤ワインをベースにカシス・リキュールを混ぜた「カーディナル・カクテル」を紹介。少し甘口な味わいになりますが、カクテルとしても定番なので、バーなどに訪れた際に頼んでみると良いかも。ちなみにカージナルとかカーディナール、カーディン、カルディナル、カルディナールなど名前が変わることもあります。


いかがでしたでしょうか。赤ワインや白ワインをベースにしてオレンジジュースやジンジャーエールなどソフトドリンクを混ぜることで、アルコールを薄められてお酒が弱い方も安心です。ご自宅で簡単に作れるので上記レシピを参考にしてお試しくださいね。


お酒がダメな方やアルコールがNGの方には、ノンアルコールのカクテルがおすすめ♪ギフトセットもあるので、ワインの気分を味わってみてください。


0コメント

  • 1000 / 1000