ワイナリーとは?夏休みに行ってみたい山梨や広島三次ワイナリーなどを知りたい【ワインづくり体験】

フランスやイタリア、アメリカ、チリなど海外のワインが盛り上がっていますが、日本国産ワインも人気が高まっています!2018年10月30日からワインの新表示ルールとしてラベルに「日本ワイン」と記載できるそう。



山梨、栃木、北海道……それぞれ何を指すかご存知ですか?日本のワイン産地です。


フランスやイタリアのワイナリー、ワインメーカーを「旧世界」と呼び、後発で作られたチリやアメリカ、オーストラリア、そして日本を「新世界」と指します。


それぞれ風土や特長が異なりましたが近年は同一のブドウ品種を使っていても美味しい赤ワインや白ワインが造られるようになりました。まさに作り手の努力のたまものですね!


応援の意味もかねて、日本のワインを選ぶ日本人や外国人も増えています。まずは押さえておきたい日本の全国のワイナリーと種類が増えたワインを紹介。夏休みや週末に出かけてみませんか?



ワイナリーとは?

見学や試飲、工場見学ができるワイナリー

山梨「シャトールミエール」

山梨の勝沼ぶどう郷駅からタクシーで数分に位置するワイナリー「シャトールミエール」。ワイン農場からワイン工場までワインの生産過程が垣間見れるワイナリーです。



ワイナリー見学も可能。30分、60分のコースや団体コースがあり500円~1000円程度であるので旅行を兼ねて訪れてみてはいかがでしょう?さらにルミエール内でワインの試飲やお土産購入が可能。ワイン造りの現場を見学して、美味しいワインをいただきましょう。もちろんスタッフが丁寧に説明してくれるので、ワイン選びの際の疑問を解決するチャンスです♪


ワイナリーに行けない方は、ワインをお取り寄せをしてみてください!



バーベキューガーデンもある広島のワイナリー

広島三次ワイナリー

意外かもしれませんが、広島県にもワイナリーがあります。「広島三次ワイナリー」は広島県北部に位置する自社農園と契約農家の専用圃場ワイナリー。JR三次駅から車で数分。広島空港からでも1時間ちょっとで車で行けるリッチです。

お酒以外も飲めるカフェとワインショップに加えて、バーベキュー施設も備わっているワイナリー。セットメニューで牛肉や食事と一緒にワインが楽しめます。特徴的なのは「ワイン貯蔵庫」を自由に見学できる点。ブドウの香り、出来上がる工程を見学して、ワインが生まれるまでの流れを想像してみましょう。

ワイナリーに行けない方は、ネット通販でワインを購入してみてください♪


宿泊なら車で5分のこちらがおすすめ!

楽天トラベル:三次ロイヤルホテル(BBHホテルグループ)


収穫祭なら新宿から直行バスもある!

ココ・ファーム・ワイナリー こころみ学園のワイン醸造場

 栃木県足利市にある「ココ・ファーム・ワイナリー」。東武伊勢崎線の足利市駅からタクシーで約20分程度の立地にあります。また、年1回程度で開催している収穫祭の時には、新宿駅西口工学院前からピックアップしてもらえる直行のバスが有料で用意されているのでこちらを利用するのもチャンス!2018年は11月17日(土)と18日(日)に開催されるそうです。



「ココ・ファーム・ワイナリー」は開墾60年の老舗ワイナリー。1984年からスタートさせ、自家畑では化学肥料や除草剤は一切使わずに、また醸造場での醗酵も天然の野生酵母や野生乳酸菌が中心としている日本ワインのココワインが代表。特徴的なのは「こころみ学園」という支援学級の130メンバーがいること。暮らしとワイン作りが密着したワイナリーなのです。


ワイナリーに行けない方は、ワインのネット購入をどうぞ!

宿泊ならこちらがおすすめ!

楽天トラベル:ホテル ルートイン足利駅前





海と砂のテロワール、新潟ワイナリー

フェルミエ

新潟県の信濃川が注ぐ日本海にほど近い海岸砂丘に位置するワイナリー。「海と砂のテロワールが育む新潟の個性溢れるワインを造りたい」というオーナーの決意で造られたワイナリーです。JR越後線の巻駅よりタクシーで約15分程度。ワイナリーツアーも実施しています。



ワイナリーツアーは、畑見学とフレンチのランチ、そしてワインの試飲がセットとになったツアーが5000円で参加できます。ブドウからワインのできる工程を知り、美味しい本格フレンチとワインで舌鼓。心とお腹が満たされるツアーですね。


新潟駅から直行便ができたワイナリー!

カーブドッチワイナリー

 新潟県新潟市にあるワイナリー。2018年4月より新潟駅より直行便送迎バスができました!しかも無料!(事前予約必要)。新潟では珍しく冬の積雪も殆どなく、高い湿度でぶどうの樹や芽が成長していきます。畑・土壌・風土・栽培・醸造にこだわりワイン作りを行っています。


ワイナリーでは、ワインはもちろん、ビールやパンなども作られており手作りをそのまま口にすることできるのです。ぶどう栽培を体験はもちろん、宿泊やウエディングまで備えているので、友だちやご家族、恋人同士で訪れてみてはいかがでしょう?


ワイナリーに行けない方は、ワインをどうぞ♪


ぶどう畑に囲まれた宿泊施設もご利用ください♪

楽天トラベル:カーブドッチ ヴィネスパ




京都にある老舗ワイナリー

丹波ワイン

京丹波町の里山の恵まれた水と大地にあるワイナリー「丹波ワイン」。京都駅からJR嵯峨野線の園部駅下車しバスで30分程度。土日祝日のみですが、1日1往復JR園部駅-丹波ワイナリーの送迎バスが出ています(レストラン利用者のみ)。


農園とワイナリーが見学でき、試飲もできるツアーはなんと無料!40分程度時間をかけてゆっくりとまわることできます。ワインショップや併設レストラン「duTamba(デュタンバ)」では、地産地消の食事も召し上がれるので、京都に来た際に仏閣見物とは別に足を運んでみてはいかがでしょうか。




ワイナリーへ行けない方は、ワインをネット購入してみては?

丹波ワインを味わる宿泊ホテルもあります♪

楽天トラベル:王地山公園 ささやま荘





4代に渡り農業に従事してきた北海道のワイナリー

山崎ワイナリー

北海道の三笠市にある山崎ワイナリー。JR峰延駅からタクシーで5分程の立地で、4代に渡りワインを造り続けてきた老舗ワイナリーです。


丁寧に作られたワインが好評。ただしワイナリーでは見学はできずショップで販売のみですので、北海道で近くに来た際には足を運んでみてはいかがでしょう。広大なブドウ畑を一望しませんか?


東京清澄白河にある2Fが醸造所のワイナリー

フジマル

東京の江東区・清澄白河にあるワインショップ、レストランである「フジマル」。2Fが醸造所になっている口コミでも人気の面白いスタイルです。フジマルはオーナー藤丸 智史氏が強いこだわりを持って立ち上げた株式会社パピーユの中のひとつ。街の中のワインというコンセプトを元に、東京以外にも大阪にあります(東京が2店舗目)。


ワイン製造のワイン醸造所以外にもワインショップなど関連店舗も構えているので、ワインを飲みながら気軽に立ち寄れるメリットがあります。上記で紹介した丹波ワインへのツアーなども行っているようです。ワインを飲みながら色々聞いてみませんか?



お店に行けない方は、ネットショップでワインをどうぞ!

清澄白河宿泊ならこちらがセットプランです♪

楽天トラベル:THE SHARE HOTELS LYURO 東京清澄




まとめ

美味しいワインを飲んでいると、「どうやって作られているんだろう?」と気になることがありませんか?現在ではワイナリーの見学やブドウ栽培など実際に体験ができるところが増えてきました。日本はもちろん、フランスや海外でもワイナリー見学できるところが多くあります。ワインタウンでは、ワイン好きの人とワインの生産者の方が結びつくようなご案内ができればうれしいです♪

0コメント

  • 1000 / 1000