キティ ワインとは?キール キティなど 赤ワイン 白ワイン カクテルの作り方 レシピ! キティやオペレーター、 キール、 サングリアとは?【ワイン カクテル キティ】

アルコールが弱い方、ワインは好きだけれどあまり飲めない方にワインのカクテルはいかがでしょうか?ワインとカシスやジンジャーエールなどを使ったカクテルなら、アルコールをソフトドリンクで割っているので、飲みやすくて美味しくておすすめですよ。


今回は人気のおすすめカクテルレシピを紹介します。



オペレーター 白ワイン カシス 赤ワイン 

ジンジャーエールと白ワインをかけ合わせた オペレーター カクテル

炭酸ののど越しが染み渡る美味しさ!

オペレーターというカクテルをご存知ですか?元々は飛行機のパイロットを由来してオペレーターという名前が付きました。レシピはとても簡単!白ワインにジンジャーエールを入れてかき混ぜるだけ。割合としては、5:5くらいがちょうどよいですが、お酒が弱い方は3:7くらいでジンジャーエールを多めに入れておくと良いでしょう。


白ワインのキリリとした味わいとジンジャーエールのシュワシュワした炭酸がマッチして飲みやすいです。白ワインは甘口より辛口の方がおすすめですが、好みに応じて甘口でもぜひ。さらに冷えたジンジャーエールで割れば夏の暑い日にはリフレッシュ間違いなし。飲み残した白ワインを活用してジンジャーエールで割るのもありですね!


販売サイトAmazonはこちら



カシスと赤ワインをかけたカーディナルが美味しい

赤ワインをベースにカシス・リキュールを加えたカクテルがおすすめ

赤ワインにカシスリキュールを加えるとカーディナルというカクテルができます。カージナルやカーディナール、カーディン、カルディナル、カルディナールなどと言う場合もあるのでバーで頼む際には注意しましょう。


味わいはカシスのフルーティーさと赤ワインのタンニンの重みが広がりとても美味しいです。定番カクテルなのでレシピとしては4:6や1:9くらいの割合で作ってみてください。赤ワインはボジョレーヌーボーを、カシスはクレーム・ド・カシスを使うと本格的なカシスと赤ワインのカーディナルになりますよ。


ボジョレーヌーボーはこちらをどうぞ♪

安くて美味しいワインとは?まだ飲める!ボジョレーヌーボー2017



販売サイトAmazonはこちら



カシスと白ワインで作るカクテルキールがおすすめ!

白ワインをカシスで割るヴァン・ブラン・カシスが美味しい

タンニンが豊富で赤ワインが苦手な方は、白ワインをベースにしたカクテル キールはいかがでしょう?こちらも同じく白ワインをベースにカシス リキュールで割るだけ。


タンニンについてはこちらをご参考に♪

【赤ワイン タンニン】赤ワインのポリフェノール、ワインのタンニンとは?赤ワインや白ワインに含まれるポリフェノールの効果や飲み過ぎ注意


割合は、赤ワインより5:5、もしくは6:4以上で白ワインを多めにした方が色味や味わいとして落ち着く飲みやすさになると思います。白ワインは辛口でも良いですが甘党の方は甘口でカシスで割ると美味しく飲めるでしょう。お試しあれ♪



販売サイトAmazonはこちら


赤ワインとオレンジジュースのサングリア

定番カクテル!赤ワインとグレープフルーツやジュールのサングリアが美味しい

定番カクテルといばサングリアです。フレーバードワインと呼ばれて、赤ワインにハーブやスパイスを利用した作られたカクテル。アルコール度数が7%程で、スペインの「sangría」が由来だとか。イタリアではヴェルモット、フランスではキール、そしてスペインではサングリアがフレーバードワインとして有名です。


サングリアの作り方はとても簡単なレシピです!というのも残った赤ワインに、オレンジジュースやグレープフルーツなど柑橘系のジュースと混ぜるだけ!カラフェなどに入れておくとちょっとしたジュース感覚のカクテルの出来上がりです。


好みに応じて、レモンを入れたり、飲み際に氷を入れると爽やかでより美味しくなりますよ。さらにお好みでハーブやシナモンをかけるのもおすすめ。夏の暑い日に特に飲みたいカクテルをぜひ作ってみてください。



販売サイトAmazonはこちら




まとめ

赤ワインや白ワインは種類も豊富で単体で飲んでももちろん美味しいですが、残ったワインを活用してカクテルにすることで味の拡がりがあります。お酒が弱い方やアルコールが苦手な方にもぜひ試してほしいオペレーターやキティ、キール、サングリアといったカクテルのご紹介でした。ほかにも「こんなカクテルが知りたい」などあればワインタウン編集部までお知らせくださいね!




0コメント

  • 1000 / 1000