ワイングラス 持ち方とは?ワイン 初心者 必見!ワイン グラス 持ち方!知っておきたいワインマナーと美味しく飲めるワインとは?

赤ワインや白ワイン。安くて美味しいワインや高級でコスパ良いワインなど様々なブランドがあります。ワインの味や香り、ワイナリーなど産地、ブドウ品種については学ぶことが多いですが、意外と知らないのがワイングラスについて。


ワイングラスを意識せずに飲んでしまうこともあります。今回はワイングラスの持ち方やマナーについて紹介します。


ワイン グラス 持ち方!ワインマナーと美味しく飲めるワインとは?

東洋佐々木ガラス ワイングラス ロマーナ 赤ワイン用

脚の部分を持つのがワインマナー?

●「東洋佐々木ガラス ワイングラス ロマーナ 赤ワイン用 365ml 35635」 

普段、ワインをどんなグラスで飲んでいますか?焼酎や日本酒、ウイスキーなどと同じグラスから場合によってはマグカップや、まさかペットボトルまで!?

色々と飲む際のグラスについてはありますし、日常的に飲むのであれば家にあるグラスで問題はありません。しかし、もししっかりとワインの味を楽しみたいのであれば、ワイングラスを1つは持っていた方が良いです。



販売サイトAmazonはこちら


ワイングラスと赤ワインや白ワインの関係性とは?

ワインというのは、作られてからボトル瓶に詰められて開封するまで、いわゆる「寝ている」状態となります。ボトルだけでなくワイン樽に何年も寝かせるなんてことも十分あります。これは、寝かせることによってワイン自体を熟成させる意味があります。熟成させることで渋味が強くなっていき酸味の豊かなワインへと変わっていくのです。


逆にボジョレーヌーボーなどは、出来立てのワインですので、いわゆるボディが軽くて、よくいえば飲みやすい、悪く言うと未熟な味となります。


ボジョレーヌーボーについてはこちらをご覧ください♪

安くて美味しいワインとは?まだ飲める!ボジョレーヌーボー2017


ボディについてはこちらをご参考ください♪

赤ワイン おすすめ 安い フルボディ!ミディアムボディ ライトボディ 意味とは?



ワインの花を開かせる空気の大切さとは?

赤ワインや白ワインによっては、何年も何十年も寝かせ続けられたワインも多くあります。そのワインのコルクを開けても、ワインボトルの形はご存知のように先端が細長くなっており、空気の通りが悪いのです。そのため寝ているワインを空気に触れさせることで花を開かせるのが、ワイングラスやカラフェ、デキャンタの存在が重要なのです。


ワインの開け方や空気の意味についてはこちらをご参考にしてください♪

赤ワインの開け方!赤ワインや白ワインのコルクの開け方を知りたい!コルク栓をオープナーなしでも開けられる裏技やスクリューキャップの開け方とは?【ワイン 開け方】

カラフェとは?英語?何語?日本酒に使える?



ワイングラスどこを持つ?脚の部分を持つ意味とは?

では本題に入ります。ワイングラスは、足の部分を持つのが正解です。なぜ足の部分を持つのかというと、ワイングラスに注がれたワインはワインの口を通して、空気に触れ、美味しい味わいへと花が開くのです。


その為ワイングラスのボウルの部分を握ってしまうと手の温度がワインに影響を及ぼしてしまい、味が変化してしまうからです。また上記の通り、ワイン全体の空気を触れさせるために、足を持ちくるくると回すことで全体へ空気が行き渡るのです。



ソムリエへの頼み方やワインのマナーについて詳細はこちら

【ワイン 頼み方】赤ワインや白ワインをソムリエへ ワイン 頼み方を覚えておこう!頼む時の秘訣とマナー



ワインのマナーとしては?

では、マナーとしてワインのボウルの部分を持つのは有りか無しかというと、実は無しなのです。人間の手には指紋があり、ワイングラスのボウル部分を握ってしまうと指紋がついて汚れて見えるからです。さらにワインは、味や香りだけでなく、「見て楽しむ」という意味合いもあるのためボウル部分を握ると見て楽しめなくなるのも理由の一つです。


もちろん、自宅や気心の知れた仲間たち、家族と飲む場合は問題ありません。オフィシャルなパーティーで気にしておくと良いでしょう。



知っておきたいワイングラスの各部の名称とは?

ここでワイングラスの各部分の名称を紹介します。


リム

ワインの縁の部分です。口が触れる部分ですね。一般的には縁が薄いほど摩擦係数が減り、ワインや液体の美味しさが増すと言われています。女性の方で口紅が付いた場合などにはナプキンで拭くと良いでしょう。


ボウル・カップ

ワインが注がれるボウルの部分です。上記で説明したワイングラスとしての意味合いがあるので一番大切な箇所でしょう。現在では足がないボウルだけのワイングラスも実は存在します。



ステム

ワインの足、脚、柄などと言っていましたが、正式にはステムと言います。一本足でワインを保つ上品なステム。脚の太さや大きさ長さなどはまちまちです。



フット・プレート

最後が、ステムや全体をバランスよく保つための土台の部分を「ステム」と言います。一般的には安定のためカップの直径と同じものとなります。




まとめ

普段ワインを飲む際に意識していなかった「ワイングラス」。覚えておくとより美味しくワインが楽しめますよ。さらに、リーデル社でもボウル型のワイングラスができて、安定感を保つためやアウトドアや出先で持ち運びしやすい、けれど手の温度が伝わりにくいワイングラスも登場しています。ぜひ、おすすめワインと合わせてワイングラスも選んでみてくださいね!

0コメント

  • 1000 / 1000