ワイン初心者がソムリエやワインエキスパート、ワインアドバイザーの資格を取るには?試験や難易度 田崎真也のようなワインソムリエになりたい!

ワインが好きになってくると、勉強をしてもっと学びたい!もっと知りたいという欲求が高まります。そんな時にワインの資格といえば「ソムリエ」「ワインエキスパート」「ワインアドバイザー」が有名で耳にしたことがある人もいらっしゃるはず。


今回は、ワインソムリエとワインエキスパート、ワインアドバイザーの資格や試験、難易度などを紹介。目指すは未来のソムリエ田崎真也氏!


ワイン初心者必見!ワイン資格とは?

ワインソムリエとは?試験や難易度

日本では日本ソムリエ協会と全日本ソムリエ連盟の民間資格

ソムリエについてどんな知識がありますか?レストランやバー、専門ワインショップなどでワインを説明してくれる人、ワインを上手に注いでくれる人、そんな方をソムリエと思っていませんか?


それは、正解です。


というのも、ソムリエはワイン専門の給仕人として、元々はレストランでワインを専門にお客様にサーブするスタッフなのです。ドラマ「王様のレストラン」をご存知ですか?レストランというのは、シェフ(シェフ・ド・キュイジーヌ)やデザートを専門としたパティシエ(シェフ・パティシエ)、料理を配膳したりお客様のニーズに合わせてフロアをコントロールするギャルソンなど、プロフェッショナルのスタッフ集団なのがレストランなのです。


王様のレストランとは?



「王様のレストラン」にも登場するスタッフの一人として、ワインのソムリエがいて、主にワインを注文(オーダー)したお客様へ、料理や希望を加味しながら適切なワインを提供(サーブ)するのです。その為、ワインの知識はもちろん、ワインの味、提供されている料理、その日の提供料理メニューの変更に対応する臨機応変さ、お客様のニーズなどあらゆる内容に応じる専門性の高さが魅力です。


さらに現実面では、ワインの購入・補充・管理に合わせて、コスト削減や売上貢献など経理的な側面も必要となります。お店にとって利益を上げつつもお客様に最大限のワインを提供するというプロの力でもあります。


ソムリエ資格を取るには?

日本ソムリエ協会(JSA)と全日本ソムリエ連盟 (ANSA)

フランスやイタリアや海外ではソムリエの資格は国家資格として認定されていますが、日本では民間資格です。日本ソムリエ協会(JSA)が認定する「ソムリエ / シニアソムリエ / マスターソムリエ」か全日本ソムリエ連盟 (ANSA) が認定する「ソムリエ / ワインコーディネーター / プロフェッショナルソムリエ」が必要です。


後述する「ワインエキスパート」「ワインアドバイザー」の流れもあり、日本ソムリエ協会(JSA)のソムリエ資格が一般的なソムリエに近いかもしれません。


日本ソムリエ協会(JSA)の資格試験の受講資格として、


  1. アルコール飲料を提供する飲食サービス
  2. ワイン・酒類・飲料の仕入れ、管理、輸出入、流通、販売、教育機関講師、酒類製造
  3. アルコール飲料を取り扱うコンサルタント業務

上記の職務に3年以上従事し、さらに試験時点でも従事している必要があります。その為、ワインが好きという理由だけで一般の方が受験できるわけではないので注意してください。※JSA正会員の場合2年


さらに、ワインのテイスティング試験もあり、知識以外に丹念な舌の感覚と経験、さらにその味を表現する表現力が重要となります。


ソムリエ試験の参考書とは?


ソムリエの1歩手前ワインアドバイザーとは?

ワインアドバイザーもプロフェッショナル

最近ではソムリエ以外にワインアドバイザーという名前を聞いたことがある人も多いはず。ワインアドバイザーとはワインおよびアルコール飲料の輸入、販売等に通算3年以上従事し、在職中の方を対象としています。つまり、上記ソムリエに比べてインポーターやワイン販売者でも取得できる受験できる資格となります。ワインアドバイザーは三次試験の実技試験がないため、ソムリエを目指す方にとっての前段的な資格でもあるのです。


しかし、ここで大きな変化が。というのも2016年より呼称制度の変更がありました。



ワインアドバイザー資格取得者は「ソムリエ」となり、資格試験で三次試験(サービス実技)が入ります。難易度が一層上がってしまったのです。


整理すると

  • 既存:ワインアドバイザー→今後:ソムリエ
  • 既存:シニアワインアドバイザー→今後:シニアソムリエ

となるので注意してください。


一般人でも取れる?ワインエキスパートとは?

プロフェッショナルな資格ではない愛好家が対象

「わたしの血はワインでできている」の名言で話題となった故川島なお美さんや、お笑い芸人髭男爵のひぐち君、モデルでワイン愛好家の押切もえさん等がワインエキスパートの資格を取得して、この資格のネームバリューが高まりました。


ワインエキスパートは上記の通り、ソムリエやワインアドバイザーのように職務で利用するのではなく、あくまでも一般の方がワインの知見を認定するための資格です。


ワインエキスパートの資格があるとどんな意味が?

ソムリエなどと違って職業人・プロフェッショナルとしての資格ではないため、ワインエキスパートの資格で仕事をしてはいけません。芸能人やタレントにように箔をつけたり、友だちや仲間内へおすすめワインを紹介するくらいであれば問題ありませんが、プロフェッショナルとして販売をしたりする場合は、ソムリエ資格が必要となります。


とはいえ、冒頭でお伝えしたように日本ではソムリエもワインエキスパートも民間資格です。なので、商売にしたからといってその時点で法律に違反するわけではないので安心してください(販売する場合は酒販免許などは別途必要ですが)。


講演会でワインについて話をしたり、ワインの選定に悩んでいる方におすすめをする際などに、上手に資格を活用してみてください。


ワインエキスパートの資格をまずは取得してみよう!


ワインエキスパートの資格は、ソムリエ(ワインアドバイザー)と異なり、三次試験がありません。というかソムリエの資格と共通で一次試験、二次試験とも同じとなり、テイスティングまでとなります。



試験と難易度

ワインエキスパートは二次試験まで


  1. 第一次試験:筆記試験
  2. 第二次試験:テイスティング
  3. 第三次試験:サービス実技(ソムリエのみ)、小論文(シニアエキスパートのみ)


3試験がありますが、ワインエキスパートの資格では2次試験までとなります。さらに、1次試験か2次試験のいずれかが不合格の場合、同一呼称に限り免除期間を1年間から翌3年間有効となりました。そのため落第した試験については集中して勉強できるでしょう。



難易度は?

知識がものをいう筆記試験に比べて、2次試験のテイスティングがソムリエ資格85%に対して、ワインエキスパート資格は67%と言われています。日常的にワインを口にし表現力を付ける勉強をしているプロの卵に比べるとやはり趣味の領域の一般人ではワインを飲む機会も限られており難関なようです。


上記の通り免除期間が3年に延びたので、まずは学科を合格して重点的にテイスティングを勉強するのも試験勉強の方法ですね。


Amazonのワインエキスパートが選んだワインでまずは腕試し

勉強方法は?

独学でも良いのですがスクールに通った方が効率が良い方、通学は厳しい方は、通信大学はいかがでしょうか。産業能率大学の通信講座でワインエキスパートの授業があります。大学なのでカリキュラムも安心。この機会に受けてみてはいかがでしょうか?



産業能率大学 総合研究所 ソムリエ・ワインエキスパート

田崎真也氏とは?

テレビや雑誌などでご覧になった方もいるソムリエの田崎真也氏。日本ソムリエ協会会長でもあり、ワインはもちろんフランスで修行をしていた経緯もあります。


ワインだけでなく食文化にも造詣が深く、ワインと食事のマリアージュを大切にしている方です。ソムリエって難しそう。そう思っている方は下記からまずは読んでみては?


Amazonでソムリエの表現力を読んでみる


まとめ

美味しいワインに出会うと、感動して友だちや仲間たちにその感動を共有したくなります。さらに美味しい料理がそこに加わればまさに天にも昇る気持ち。どうしてワインによって味わいがこんなに違うんだろう?疑問を一つひとつ解決するように勉強していけばきっと資格も取得できるはずです。好きなワインをもっと好きになるように頑張って勉強してみてくださいね!



まずは漫画から学んでみても良いかもしれませんね(笑)

0コメント

  • 1000 / 1000